椎茸モエコ、竹田市と姉妹都市のバートクロツィンゲンへゆく①

グーテンターク!
ジプシースマイルのモエコです!
インドの日記を通り越して、とりあえず今来ているスイス、ドイツの日記を綴っていきたいと思います。
 
 
 
今日はドイツにある竹田市と姉妹都市のバートクロツィンゲンに行ってきました。
バートクロツィンゲンにも長湯温泉と同じ泉質である炭酸泉の温泉があり、1988年に当時の直入町長が視察団としてバートクロツィンゲンに行き、姉妹都市を結びました。
その後直入町は竹田市と合併し、竹田市が姉妹都市として引き継いでいます。
(竹田の方、間違っていたらご指摘お願いしますー!)
 
 
 
バートクロツィンゲンはちょうどフランスとスイスの国境の所にあり、町の標識やレストランのメニューはドイツ語とフランス語の両方の記載があることが多いです。
町を歩いていてもドイツ語とフランス語が飛び交っていました。
 
 
 
 
さてさて、電車で念願のバートクロツィンゲンの駅に到着して向かうはインフォメーションセンター!
 
train

 

 

海外では町の中にインフォメーションセンターがあることが多く、パンフレットや地図も豊富で役に立つことが多いのです。

特にインターネットを自由に使えない旅先では現地の今現在の情報を得るのにすごく便利。

まずは色々情報収集しないとね!

とりあえず歩いていればあるだろうと思い街を散策がてら探すことに。(昔オランダで同じことを思って15分で着くところを3時間かけて行った苦い経験は忘れている私。。)

 
 
 
cafe
 
 
 
 
 歩いていると何だかおしゃれなカフェ発見!!
さっそく歩いて10分も経っていないのにおしゃれなカフェに入ることに。
女子はおしゃれなカフェに弱いのです。
 
 
 
 
いやーーーー
やはりお菓子の本場は違うー!
おしゃれなカフェにおしゃれなケーキ達がたくさん。
 (わ、肝心の写真撮るの忘れてしまった。写真の左奥のショーケースに入ってます)
cafe2

 
 
 
 
 うっとりしてると…
「注文は?」と聞かれる。(びっくりしすぎて英語で聞かれたかさえも分からず)
とりあえず美味しそうなケーキとコーヒーを注文。
 
 
 
 
ケーキ美味しー!
コーヒーにがーい!
マリアージュ!
 
cafe3
 
 
 
 
しかし、せっかちな私の気持ちはおしゃれなカフェにすらかなわず、15分くらいでお店を後にしてインフォメーションセンターを目指すことに…
 
の前にインフォメーションセンターがどこだか聞こう!
と店員さんに英語で聞くと、
「ノーイングリッシュ、ソーリー…」
 
 
 
えっ 英語が通じない!(わたしもそんな話せないけど。)
と、別の店員さんにバトンタッチ。
 
 
椎茸モエコ「あのー、インフォメーションセンターはどこにありますか?」
 
 
 
英語が話せるおしゃれなカフェ定員「インフォメーションセンター?私ここ出身じゃないから分からないんだよねー。」
 
 
 
がびーーん。
 
 
 
 
 
ここで諦めるものか!と椎茸モエコの反撃!
「温泉に入りに来たんです!姉妹都市の竹田市から来たんです!!」
 
 
 
 
 
頑張ったものの、もはや温泉の単語すら通じず。
一生懸命ジェスチャーして色々言い方を変えてみて、温泉の説明をするためにBATH(お風呂)という単語を言うと店員の目が輝く。
 
 
通じたか、と私の目も輝く。
 
 
が。
 
 
 
 
 
「あーーー!バスね!バス停なら100m先にあるわよ!」
 
 
 
・・・・!!
ここでゴングが鳴る。
私の負けです。
発音悪いしね、しょうがないよね…
似てるしね、、、
 
 
バス停に行きたいと思われた私はとりあえずバス停の方向へ。(日本人らしいなと自分で思う)
 
 
 
 
そしてバス停の先にあったオーガニックのお店の人にもインフォメーションセンターを聞くも分からず。
 
 
 
とぼとぼ歩いてるとドイツならではの木でできたおもちゃ屋さん発見!
 
 
可愛いおもちゃに癒されて現実逃避。
勇介がジプシースマイル用に砂時計が欲しいと言っていたので買う。
ついでにインフォメーションセンターがどこだか聞くと、、、地図を持って来てくれた!
ナイス!木のおもちゃの店員さん!
 
 
 
 
 
toy
 
 
 
 
 
地図を広げて、
「インフォメーションセンターは… あ、ここよここよ!」
 
 
椎茸モエコ「ほんとだ!インフォメーションセンター!あったーー!」
 
 
2人で喜ぶ。
 
 
そして聞く。
 
 
「ところで今はこの地図で言うとどこ?」
 
店員さん「……どこかしら。んーーーちょっとよく分からないわね」
 
 
 
 
えっ…
 
 
 
今どこか分からないなら行き方も分からないじゃん…
 
 
 
 
コントの様なやり取りにもう着いていけない椎茸モエコ。
 
 
と、お客さんで来ていたドイツ語しか分からないおばちゃんが「どれどれ、私が見てあげるわ」と言って見てくれた。
 
 
そして30分後……
 
 
 
30分前と状況変わらず。
 
おすすめのイタリアンの店やアパートメントホテルの話を(ドイツ語で)話されて余計頭の中はフクザツに。
頭の中がぐるぐるの状態でおもちゃ屋さんを出る。
もはやどっちから来たかも分からない。
 
 
 
 
途方に暮れながら携帯を開くと、何故かWIFIがつながっているっ!
 
clock
 
 
てことでグーグルマップを開き今の場所の確認。
そしてインフォメーションセンターの場所確認。
歩いて10分。
行き方をスクリーンショット。
 
 
 
てことで、無事インフォメーションセンターに着けそうでホッと一息の椎茸モエコ。
インドではあまり役に立たなかったグーグルマップ、やはり欧米では使えると実感。
インフォメーションセンターって今日何回言っただろうか。
 
とりあえず文明に感謝。
 
つづく。